クラウド型のログストレージサービス「Xdata collect」をサービス開始

こんにちは。MOBYLOG事務局です。

 

相当久しぶりの投稿となりますが、本日は新サービスのPRとなります。

 

2013年5月7日、株式会社セラン(東京都千代田区、代表取締役 佐々木 孝司、以下『セラン』)は、ビッグデータ分析のためのクラウド型ログストレージサービス『Xdata collect(クロスデータ・コレクト)』の提供を開始しましたので発表致します。

 

簡単に説明すると、アクセス解析のタグで通知したログを生ログの状態で保存するサービスです。

サービスの詳細はXdata collectのサイトを見て頂くとして、ここではMOBYLOGをご契約のお客様へお知らせさせて頂きます。

 

 

Xdata collectは、既に導入頂いているMOBYLOG ENGINEHandloaD TAGでビーコン送信された多種多様で高精度なログを、自動的に整理整頓した状態で保存します。
保存したログは、必要な時に管理画面やAPIから期間を絞って抽出することができるため、アクセス解析以外の分析ツール(例えばBIツールやCRMツール、自社データベース)を利用する際に、各種ツールへのデータ提供をシンプルにすることができます。

 

 

無料・有料 2つのプラン

プランは無料と有料の2つを用意しており、月間のログ保存件数が50万件以内であれば、無償でご利用頂くことができます。

 

 

MOBYLOGからcollcetアカウントの発行について

collectは、MOBYLOGとは全く別のサービスとなりますが、MOBYLOGをご契約中のお客様の場合、MOBYLOGのアカウントからcollectアカウントを発行すると、MOBYLOGで受け付けたログをcollectに保存することができる、特別なプログラムを用意しました

これにより、これまでMOBYLOGでは機能として提供していなかった、生ログの取得が可能となります。

是非collectにアカウントを作成し、新しいサービスの機能をご活用ください。

 

 

[ MOBYLOGご契約中のお客様への特典 ]

MOBYLOGをご契約中のお客様は、MOBYLOGを契約する限り有料プラン(100GBの標準ストレージ付き)を無償でご利用頂けます。

 

 

[ collectアカウント発行の手続き ]

MOBYLOGをご利用中のお客様がcollectにアカウントを作成する場合はアカウント発行申請書を当社に送付して頂く必要があります。

詳しくはアカウント発行についてをご覧ください。

collectにアカウントを発行すると、MOBYLOGと同一のサイトID、メールアドレス、パスワードでログインができるようになります。

 

注意事項

  • MOBYLOGの利用料は発生します。
  • ストレージをアップグレードした場合は、@5,250円(税込)/100GB/月が発生致します。
  • 100GBの標準ストレージで、月間1,000万PVのサイトのログを約4年間保存することができます。
  • collectにアカウントを発行した後、MOBYLOGもしくはcollectの管理画面でメールアドレスやパスワードの変更をしても互いに同期されません。

 

 

契約に関しまして

 

1.利用規約

collectにアカウントを発行する場合は、collectの利用規約に同意して頂く必要がございます。

 

2.ご利用料金

 

月額費用に関して

MOBYLOGをご契約のお客様は、MOBYLOGの契約が続く限り、ログ件数に応じたcollectの課金は発生しませんが、MOBYLOGのご利用料金は、MOBYLOGの契約の通り発生致します。

 

 

オプション費用に関して

collectにアカウントを発行後、オプション(例えばログストレージのアップグレードなど)を行った場合、オプション料金はご請求させて頂きます。

[契約プランとご利用料金]
 
MOBYLOGを解約した場合に関して

collectにアカウントを発行した後にMOBYLOGを解約した場合、collectの契約は継続され、MOBYLOGの解約後からcollectの正規料金が発生します。
collectの解約は解約申請が必要です。

[有料プランアカウントの解約]

 

※collectは最短で半年契約ですが、MOBYLOGからcollectにアカウント発行を行った場合は最短契約期間は免除されます。

 

 

 


AppStoreのランキングは同じ日にこんなにも変動している。

こんにちは。MOBYLOG事務局です。

 

 

以前に投稿した AppStoreのランキングについて考察してみた で

 

ランキングは24時間常に上下しており、バッチでの集計タイミングにより違いが出てくる

 

と書きましたが、実際に1日にどの程度上下しているか調査してみました。

 

調査の対象としたのは、セランで提供しているヘア・コンシェルジュという美容師さん向けの顧客管理・電子カルテアプリで、ビジネスカテゴリで配信しています。

 

調査方法は、AppStoreで提供されているAPIを使い、1時間に1回ビジネスカテゴリのランキング一覧を取得し、ヘア・コンシェルジュのランキングを保存しました。

 

ちなみに、ヘア・コンシェルジュの時間別ランキングは8月初旬からデータを取得していますが、今回は日単位ランキングの変動が大きかった8月27日〜8月29日までの3日間のデータを使います。

 

まず、日単位のランキングは以下のようになっています。

 

ヘア・コンシェルジュのビジネスカテゴリ内 日別ランキング

日付 順位 DL数
8/27 166位 9
8/28 248位 4
8/29 316位 5

 

日別ランキングはは7:00 AMに取得しているので、上記ランキングは大凡7:00 AMのランキングです。

 

 

時間別ランキングはこんなにも変動している

 

下のグラフは、時間帯別ランキングの推移です。

 

 

 

●印は日次ランキングの集計タイミング(AM 7:00)です。

 

このグラフを見ると、ランキングが時間によってかなり変動していることが分かります。

最も差があったのは、8月29日17時と18時の1時間で、374位から215位まで159位もランクアップしていました。

 

日別のアプリダウンロード数を見るとたった一桁台、つまり1時間に1本もダウンロードされていない時間帯があるにも関わらず、この変動は何故でしょうか?

 

恐らく、このランキング近辺だと、自社アプリよりも下にランクしているアプリが1本でもダウンロードされると、それに引きずられてランクがダウンしているかと思います。

ということは、グラフの山(ランキングがアップしている時間帯)では、自社のアプリがダウンロードされている時間と考えられます。

特に急上昇している箇所では、数本ダウンロードされたと見なしてよいでしょう。

 

 

数ダウンロード/日しかないアプリだとこのような感じですが、ダウンロード数の多いアプリで統計を取ると面白いデータになるかも知れません。

 

例えば、統計的にダウンロード数が落ちる時間帯があれば、その時間帯を狙ってプロモーションするとか、ライバルアプリとのランキング比較で、ライバルアプリのランキングが上がった時に広告を出すとかなどなど。

 

ただこの場合、単位は1時間ではなくて分とか秒とかになりそうですね。

 

次は分単位で検証してみたいと思います。

 

 


残暑お見舞い申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
今後とも倍旧のご愛顧を賜わりたく、謹んでお願い申し上げます。

立秋を過ぎたとはいえ、連日の猛暑にいささか参っておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

この暑さも当分続きそうですが、くれぐれもご自愛ください。

 

平成24年  盛夏

続きを読む