iPhone 5 には2種類のモデルがある

こんにちは。MOBYLOG事務局です。

 

セランが提供するiPhoneアプリ「ヘア・コンシェルジュ」のアクセス解析レポートを見ると、iPhone 5 発売以降に利用者が少しづつ増えてきています。

※発売後、約1週間でまだ全体の1.21%しかいませんが。

 

MOBYLOG SDKで計測した場合、MOBYLOG SDK独自のUser-Agentを残すようにしています。

 

MOBYLOG SDKで通知するUser-Agent情報

“[アプリ名]/[アプリバージョン] ([端末]; U; CPU iPhone OS [OSバージョン] like Mac OS X; ja-jp) [端末名称]/MOBYLOG SDK for iOS/[MOBYLOG SDKバージョン]“

 

User-Agentにある「端末名称」は、その名の通り端末名が入るのですが、これはiPhone 4とかiPhone 4Sという端末名ではなく、モデル番号(?)が入ります。

例えば、iPhone 3GS であれば「iPhone2,1」、iPhone 4 であれば「iPhone3,1」、iPhone 4S であれば「iPhone4,1」となります。

 

ログに残っているiPhone 5 のUser-Agentを見ると、「iPhone5,2」となっていました。

通常「iPhonex,1」となっているのにiPhone 5だけは「iPhone5,1」ではないんですね。

 

気になって調べてみたところ、こちらの記事を見つけました。

 

AppleからDownloadできるiPhone 5 iOS 6.0のIPSWファイルですが、2種類あります。

この違いは何かというと、N41AP/iPhone 5,1とN42AP/iPhone 5,2というモデルになります。

モデルA1428(GSMモデル)が前者でAT&TやRogersなどのモデルになります。

後者は、モデルA1429(CDMA,GSMモデル)で日本のauやSoftBankがこれに当たります。

 

「iPhone5.2」はSoftBankとauから発売されているモデルのようです。

 

 


AppStoreのランキングは同じ日にこんなにも変動している。

こんにちは。MOBYLOG事務局です。

 

 

以前に投稿した AppStoreのランキングについて考察してみた で

 

ランキングは24時間常に上下しており、バッチでの集計タイミングにより違いが出てくる

 

と書きましたが、実際に1日にどの程度上下しているか調査してみました。

 

調査の対象としたのは、セランで提供しているヘア・コンシェルジュという美容師さん向けの顧客管理・電子カルテアプリで、ビジネスカテゴリで配信しています。

 

調査方法は、AppStoreで提供されているAPIを使い、1時間に1回ビジネスカテゴリのランキング一覧を取得し、ヘア・コンシェルジュのランキングを保存しました。

 

ちなみに、ヘア・コンシェルジュの時間別ランキングは8月初旬からデータを取得していますが、今回は日単位ランキングの変動が大きかった8月27日〜8月29日までの3日間のデータを使います。

 

まず、日単位のランキングは以下のようになっています。

 

ヘア・コンシェルジュのビジネスカテゴリ内 日別ランキング

日付 順位 DL数
8/27 166位 9
8/28 248位 4
8/29 316位 5

 

日別ランキングはは7:00 AMに取得しているので、上記ランキングは大凡7:00 AMのランキングです。

 

 

時間別ランキングはこんなにも変動している

 

下のグラフは、時間帯別ランキングの推移です。

 

 

 

●印は日次ランキングの集計タイミング(AM 7:00)です。

 

このグラフを見ると、ランキングが時間によってかなり変動していることが分かります。

最も差があったのは、8月29日17時と18時の1時間で、374位から215位まで159位もランクアップしていました。

 

日別のアプリダウンロード数を見るとたった一桁台、つまり1時間に1本もダウンロードされていない時間帯があるにも関わらず、この変動は何故でしょうか?

 

恐らく、このランキング近辺だと、自社アプリよりも下にランクしているアプリが1本でもダウンロードされると、それに引きずられてランクがダウンしているかと思います。

ということは、グラフの山(ランキングがアップしている時間帯)では、自社のアプリがダウンロードされている時間と考えられます。

特に急上昇している箇所では、数本ダウンロードされたと見なしてよいでしょう。

 

 

数ダウンロード/日しかないアプリだとこのような感じですが、ダウンロード数の多いアプリで統計を取ると面白いデータになるかも知れません。

 

例えば、統計的にダウンロード数が落ちる時間帯があれば、その時間帯を狙ってプロモーションするとか、ライバルアプリとのランキング比較で、ライバルアプリのランキングが上がった時に広告を出すとかなどなど。

 

ただこの場合、単位は1時間ではなくて分とか秒とかになりそうですね。

 

次は分単位で検証してみたいと思います。

 

 


iPhoneアプリの効果測定。初回起動時ブラウザ立ち上げはリジェクトされる。

こんにちは。MOBYLOG事務局です。

 

最近、iPhoneやAndroidアプリのアクセス解析ニーズが非常に高くなっており、特に多いのが「効果測定」で、流入元別のダウンロード数の計測する案件の引き合いがアプリ計測の9割を超えています。

続きを読む


「Conciergeシリーズ」をビジネスとしてやるならば(第1回)

こんにちは。MOBYLOG事務局です。

 

現在、セランで提供しているアプリは美容師さん向けの「ヘア・コンシェルジュ」とネイリストさん向けの「ネイル・コンシェルジュ」の2つ(以下、『Conciergeシリーズ』という)で、両方とも無料で提供しています。

どちらも「顧客管理・電子カルテ」の業務用アプリで、App Storeのビジネスカテゴリ-無料でダウンロードすることができます。

続きを読む


特定ページの自然検索流入が急増。調べてみたら事件でした。

こんにちは。MOBYLOG事務局です。

 

セランでは色々な実験をしていますが、その一つにこういうスマホ向けサイトがあります。

iPhoneアプリのランキングを表示するWeb版App Storeのようなもので、各カテゴリの上位400件を表示できるのと、自分の気になるアプリをクリッピングできるという機能が付いています。

続きを読む