iPhone 5 には2種類のモデルがある

こんにちは。MOBYLOG事務局です。

 

セランが提供するiPhoneアプリ「ヘア・コンシェルジュ」のアクセス解析レポートを見ると、iPhone 5 発売以降に利用者が少しづつ増えてきています。

※発売後、約1週間でまだ全体の1.21%しかいませんが。

 

MOBYLOG SDKで計測した場合、MOBYLOG SDK独自のUser-Agentを残すようにしています。

 

MOBYLOG SDKで通知するUser-Agent情報

“[アプリ名]/[アプリバージョン] ([端末]; U; CPU iPhone OS [OSバージョン] like Mac OS X; ja-jp) [端末名称]/MOBYLOG SDK for iOS/[MOBYLOG SDKバージョン]“

 

User-Agentにある「端末名称」は、その名の通り端末名が入るのですが、これはiPhone 4とかiPhone 4Sという端末名ではなく、モデル番号(?)が入ります。

例えば、iPhone 3GS であれば「iPhone2,1」、iPhone 4 であれば「iPhone3,1」、iPhone 4S であれば「iPhone4,1」となります。

 

ログに残っているiPhone 5 のUser-Agentを見ると、「iPhone5,2」となっていました。

通常「iPhonex,1」となっているのにiPhone 5だけは「iPhone5,1」ではないんですね。

 

気になって調べてみたところ、こちらの記事を見つけました。

 

AppleからDownloadできるiPhone 5 iOS 6.0のIPSWファイルですが、2種類あります。

この違いは何かというと、N41AP/iPhone 5,1とN42AP/iPhone 5,2というモデルになります。

モデルA1428(GSMモデル)が前者でAT&TやRogersなどのモデルになります。

後者は、モデルA1429(CDMA,GSMモデル)で日本のauやSoftBankがこれに当たります。

 

「iPhone5.2」はSoftBankとauから発売されているモデルのようです。