(第2回)直帰率だけで判断してはいけない。もう一歩踏み込んだ検証方法。

こんにちは。MOBYLOGでは事務局です。

 

 

前回の投稿では、直帰率の高いページにイベント関数を仕込むことにより、直帰した場合は計測できない「滞在時間」を計測する方法をご紹介しました。

 

今回は、そのページ内で外部リンクなど、ページ内で完結して画面遷移しない他イベントを計測した結果をお伝えします。

 

実験対象としたサイトは第1回と同じく、セランで実験運用しているiPhoneアプリの紹介用スマホサイトです。

このサイトは、AppStoreで用意されているAPIから評価やレーティングなどのアプリ情報をリアルタイムに取得してアプリ紹介をするという単純な作りのサイトです。

機能としては、アプリ紹介の他に訪問者が気になったアプリをクリップして後からクリップリストを参照し、そこからAppStoreの該当アプリへ遷移できるという機能がついています。

 

このクリッピング機能は、JavaScriptでWeb Stroageに書き込みするので画面遷移が無く通常の計測タグだけではどの程度クリッピングされているか分かりません。

 

そこで、第1回にも紹介したイベント関数を用います。

今回対象としたのは、9月17日あたりからアクセスが急上昇している「MP3ミュージックダウンローダー無料版」というアプリ紹介ページです。

 

 

 

ページ遷移をしないイベントを計測

 

このアプリ紹介ページの上部にある「◎このアプリをクリッピングする◎」というボタン、ここにイベント関数を仕込んでいます(下記、赤文字部分)。

 

 <a href=”javascript:clip(’470101678′,’MP3ミュージックダウンローダー無料版’,'http://a3.mzstatic.com/us/r1000/062/Purple/v4/bd/dd/e7/bddde7ad-5f4f-be14-8fe5-32ba5c40005c/Icon.png’,’0′)”  onClick=”__push_event(‘MP3ミュージックダウンローダー無料版’, ‘無料_AddClip’, ”);” >◎ このアプリをクリッピングする ◎</a>

 

イベント名を「MP3ミュージックダウンローダー無料版」、イベントカテゴリ名を「無料_AddClip」として通知しています。

尚、全てのアプリ紹介ページのクリップイベントで、イベントカテゴリ名を「無料_AddClip」で通知しているので、どのアプリのクリップ機能が多く使われるかイベントメニューで確認することができます。

 

イベントメニューから「イベントカテゴリ→無料_AddClip」で絞り込み検索

 

 

イベント関数を利用すると、ページ遷移しないページ内でのイベントを計測することができます。

スマホ端末は表現力が豊になっており、タップするとメニューを表示したり、検索リストをさらに追加表示したりと、コンテンツ内容を変更することができます。

このようにページ遷移の無いイベントがある場合に、イベント関数が役立ちます。

 

 

次回は、外部サイトへのリンクをイベント関数を用いて計測する方法です。

 

 

 

 

余談

残念ながら今回検証しているアプリではクリップされておらず、しかもNo.1のアプリ以外、ほとんど使われていないことが分かりました。

「MP3ミュージックダウンローダー無料版」アプリの紹介ページへのアクセス数は上図No.1のアプリと同じ程度なのに、クリップ機能の利用数にこれほどの違いがあるのは、きっと何か理由があるはずです。

この理由については今後検証していきたいと思います。

 

 

関連記事(2012/10/02)

(第1回)直帰率だけで判断してはいけない。もう一歩踏み込んだ検証方法。

(第3回)直帰率だけで判断してはいけない。もう一歩踏み込んだ検証方法。