新しい市場は直ぐ目の前にある、というお話。

こんにちは。MOBYLOG事務局です。

 

セランと取引のあるディレクターズという会社さんがあります。

ディレクターズさんは、ホスティング事業、サーバ証明書取得代行事業、メディア事業という3つの事業を行っていて、その中のメディア事業で運営している「Kmonos(クモノス)」というサイトでMOBYLOGを導入して頂いています。

Kmonosは、上場企業約4,000社の情報を網羅した企業情報ポータルサイト(Web版『業界地図』)で、リリース以降順調にアクセス数を伸ばしている有望なメディアサイトです。

 

MOBYLOGでブログを始めたとお話したところ、Kmonosの統計情報も紹介して貰ってOKという快いお返事を頂きましたので、遠慮無く使わせて頂きます。

(ありがとうございます!)

 

 

やはりガラケーは衰退の一途を辿る

 

Kmonosは、MOBYLOGでPC・ガラケー・スマホの計測をしています。

比率としては圧倒的にPCからのアクセスが多くモバイル端末とはまだ比較にならないので、今回はガラケーとスマホのアクセス解析情報を比較したいと思います。

 

下のグラフはKmonosのガラケーとスマホのUU数の推移をグラフ化したものです。

 

 

こちらの投稿で出した統計でも、2012年3月時点でガラケーとスマホのUU数が逆転していましたが、Kmonosでも2012年4月に逆転していることが分かりました。

 

これを見ると、ガラケーは徐々にUU数が減っており、スマホは勢いよく延ばしていて、やはりガラケーは衰退の一途を辿る運命のようですが、皆様のガラケーサイトはいかがでしょうか?

 

 

MOBYLOGのお客様でも、ガラケーでビジネスをしているところは非常に多くいらっしゃいますが、このような状況になるのはかなり前から分かっていて、スマホでのビジネスにシフトしている会社さんがほとんどです。

 

MOBYLOGも遅まきながら、2011年12月にリリースした「MOBYLOG 5」でスマホ対応したのですが、それ以前からガラケーのアクセス解析案件は少なく、スマホ案件が8割以上となっています。

 

ガラケービジネスをメインにしていた色々なお客様※1にお話を聞くと、スマホ関連の売上はまだ低くベースとなるのはガラケーだが、投資案件として進んでいるのはスマホ関連という状況はどこも同じようで、本当に大きくシフトしているなぁと実感することができます。

※1)受託開発会社さんではなくCPさんです。もちろん開発会社さんもスマホ関連の開発に移行しています。

 

 

新しい市場は直ぐ目の前にある

 

さて、このような状況を経営の視点で見ると、このままだと「座して死を待つ」しかないので、スマホ案件に開発リソースや予算を投資するのはもはや当たり前です。

自分が経営者でも今からガラケー案件に投資しようとは思いません。

 

ただ、ガラケーはベースとなる売上があるので、サポートや更新作業など運用のリソースを減らすことはなかなか出来ないのが実情ではないでしょうか?無理矢理コスト圧縮に入ると混乱して担当者が疲弊するだけですので。

 

 

そこで登場するのが、前出のディレクターズさんです(ここが落ちな訳ですが)。

ディレクターズさんは事業の一つにホスティングをしているのは説明しましたが、面白いプランを用意しています。

 

それが「フィーチャーフォン向けサーバー圧縮プラン(PDF)」というものです。

 

ガラケーサイトの利用者が減ると、それまで利用していたサーバ群がオーバースペックになります。

自分も前職で経験しましたが、比較的大きなサイトになるとシステムも複雑になり、拡張性はあるが縮小性を考えていなかったり、OSやミドルウェアが古かったり(コスト削減の名目でセキュリティホールがない限りバージョンアップされていないなど)と、リサイズするにも調査から移行までに莫大なコストが掛かってしまうケースがほとんどかと思います。

 

ディレクターズさんが提案するプランは、このような状況に陥ったシステムをコンサルから移行まで一括してリサイズするパッケージサービスになっていて:

 

  1.  サーバー圧縮は行いたいが、人員確保が難しい。→ほとんどの作業をディレクターズが行う。
  2. サイト制作後数年が経過しているため構成を把握している担当者がいない。→システム構成の把握もディレクターズが行う。
  3. サーバー圧縮は行いたいが、費用はかけたくない。→サーバーの初期セットアップ費は無料(サーバーのスペックアップ初期費用は発生)。

 

という太っ腹なプランです。

 

Kmonosのアクセス解析情報や、サーバホスティングしているユーザーさんの声を反映して作ったプランで、他に同じようなプランを提示しているホスティングサービスがなく、結構人気なのだそうです。

 

2012年8月末までのキャンペーン期間中は、移設にかかわる作業費も無料ということなので、お早めにどうぞ)

 

ここまでやって利益がでるのか?という疑問がありましたが、利益を出す仕組みになっているとのことで、縮小するガラケー市場を逆手に取って上手に商品開発をした目の付け所に脱帽です。

ちょっと視点を変えると目の前に市場が広がっているというお話でした。

 

ちなみに、ディレクターズさんのこのプランをご採用頂いたお客様には、MOBYLOGの特別プランも用意しております。

詳しくはこちらまでお問い合わせください。

 

以下余談ですが、このKmonos、属性データは取っていないものの、

 

就職活動時期に同じくしてアクセスが増えているので、学生からのアクセスがほとんどを占めている

 

と想定しているようです。

メディアとしてご興味がある方は問い合わせしてみては如何でしょうか?