特定ページの自然検索流入が急増。調べてみたら事件でした。

こんにちは。MOBYLOG事務局です。

 

セランでは色々な実験をしていますが、その一つにこういうスマホ向けサイトがあります。

iPhoneアプリのランキングを表示するWeb版App Storeのようなもので、各カテゴリの上位400件を表示できるのと、自分の気になるアプリをクリッピングできるという機能が付いています。

開発した当初、App Storeは100位までしか表示できなかったのですが、調べてみるとAPIが公開されていて、それを叩くと200位まで取れた(2012年07月現在は400位)+別のAPIを使うと画像やコメントも取れることが判明したので、HTML5の勉強がてら開発してみたというサイトです。

 

単純にアプリ詳細ページからAppStoreにリンクするだけですが、アフィリエイトを噛ませていますので、毎月若干の売上も出ています。

 

このサイト、流入施策としては一応SEO(力入れてません)をしていて、検索エンジンに引っかかったアプリの紹介ページにランディングさせるようにしています。

 

これまで、どれか一つ突出して流入数が多いという紹介ページはなく、どんぐりの背比べ(但しロングテール)だったのですが、7月9日に、今までの20倍近くの流入数となったアプリ紹介ページがありました。

 

 

7月9日に突出。ちなみに緑色がAndroidで青色がiOSです。

 

それがこのページ(以下『ChatNowページ』といいます)です。

 

ChatNowページのトラフィック情報を見ると、99%オーガニックサーチ経由です。

 

 

 

検索キーワードを見てみてみたのですが、「ギャルル アプリ」?

 

Yahoo!とGooleから同じ程度の流入があったので、早速「ギャルル アプリ」で検索すると、なんとどちらも1位です(2012年07月13日現在)。

 

 

 

 

何故突然アクセス数が増えたのか?

 

では、何故7月9日に突然アクセス数が増えたのでしょうか?

 

すぐに思いつくのは、この日から検索結果で圏外から1位になったから、ということですが、もし「ギャルル アプリ」というキーワードが定量的に検索されているのであれば、7月9日以降も同じような流入数が期待できる訳で、しかしレポートを見ると7月10日にはガクッと落ちています。

なのでこの仮説は即消えました。

 

次に思いついたのは、何かプレスリリースが出て話題になったということです。

しかしながら「ギャルル アプリ」で検索しても、2012年7月でそれらしい結果は得られませんでした。

 

圧倒的に数は少ないですが、他の検索キーワードに「ぎゃるる アプリ 評判」があったので、「ぎゃるる アプリ」で検索するとニュースらしきものが出てきて辿ってみると、この記事。(『ぎゃるる』?これか?)

 

「ぎゃるる」と「ChatNow」でアプリ名は別ですが、App Storeで「ChatNow」で検索してみると、どうやら同じアプリであることが分かりました。

どうもAPIからレスポンスされるアプリ名と解説が英語になっているようです。日本語で取得できる方法があればどなたかご教授ください。

 

 

なるほど。18時台にニュースで流れたのですね。

ChatNowページの時間帯別アクセス数レポートで見ると一致していました。

 

 

ちなみに18時台の分別(10分単位)でみると10分台に急増していたことが分かります。

 

 

FNNでは18時47分からの放映でした。他局が18時10分台に流したか?と思いましたが、テレビの影響であればFNNの放映後(18時40分〜50分台)にも一山くるはずなので、テレビではなくネットのニュースの影響だと考えました。

 

ここから、

ニュースを見た人が「ギャルル アプリ」で検索して、1位表示のサイトに入って来た

と結論づけました。

当たってるかどうかは分かりません。。

 

 

 

余談ですが、この調査をするまで「ぎゃるる」というアプリを知らなかったので、どのくらい人気のアプリなのか、セランで計測しているアプリランキングデータベースで確認してみました。

 

 

カテゴリ:ソーシャルネットワーキング – トップ無料 の「ぎゃるる」順位推移です。

 

 

訳あって、2011年7月29日から6月14日までの情報しかありませんが、常に50位以内に入っている人気アプリのようですね。